フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


第16回ショパン国際ピアノコンクール 第1次予選3日目

   
 ショパンコンクール、やはり気になって聴いてしまいますね 353名の応募者の中から、書類&DVD審査、4月にワルシャワで行なわれた予備審査をクリアしてステージに立っている78名のコンテスタントの演奏は、さすがにレベルが高いな~ と感じています。まったく予備知識のないコンテスタントの演奏にものすごく惹かれたりするのも、コンクールを聴く楽しみのひとつです。

 10代の若いコンテスタントの溌剌とした演奏に驚かされたり、2回目出場のベテランの演奏をしみじみ楽しんだり・・・、夕方から深夜、どうしてもコンピューターの前から離れられなくなってしまいます

 さて、中国の伝説的なピアニスト、フー・ツォンの評伝を書いた私としては、審査員席も気になるわけですが、一番左端に座ったフー・ツォンは、コンテスタントの演奏が終わった後、興奮した様子で隣のダン・タイソンに話しかけたり、ダン・タイソンをはさんで右側にいるマルタ・アルゲリッチと話したり、審査員の中では、動きが多い感じです。彼のマスタークラスを聴いたことがある方はご存知と思いますが、一度音楽を真剣に聴き始めると、何もかも忘れて没頭して、周りのことや時間を気にしない 、いまいち協調性がない性格なので、ちょっと心配している私

 で、第一次予選3日目の午前の部の最後のコンテスタントが演奏する前に、審査員席からフー・ツォンの姿が見えない・・・、あれ、アルゲリッチも・・・。この2人が、最初から審査に加わっているというだけで、何かあるかも なんて思ってしまうわけですが、『ショパン』誌のKさんの情報では、お手洗いに行っていたようでした、とのこと。アルゲリッチは、ポゴレリチ事件がありますし、フー・ツォンも、1985年のブーニンが優勝したときに審査員を務め、彼の演奏は絶対認めない! と言ってサインをせずに帰った前歴があるので、どんな会話が交わされているのかな~ 、なんて気になるところです。いずれにしても、この2人は、台風の目のような存在になるかもしれません。

 それにしても、今回の審査員のほとんどが、歴代のショパンコンクールの入賞者、そして現役の演奏家。ショパンのメモリアルイヤーにふさわしい顔ぶれだと、私は思っています。

 いわゆる審査員を職業としているいるような方たちは排除され、こういう審査員に聴いてもらえるだけで、コンテスタントたちも、演奏し甲斐があるのではないでしょうか(この業界で仕事をしている人間としては、問題発言? )

 3日目は、大崎結真さんの美しい演奏が心に沁みました。前回のファイナリスト、浜松国際ピアノコンクール、ロン・ティボー国際音楽コンクール、ルーピンシュタイン国際ピアノコンクールなどで最年少入賞を果たし、2002年にはジュネーブ国際コンクールで第2位、2003年のリーズ国際ピアノコンクールでは第3位と、ピアニストとしてはすでに充分なキャリアを持っているのに、今回は予備審査から参加し、とにかく私のショパンを聴いてくださいという演奏でした。派手さはないけれど、しっとりと心に訴えかける演奏、内田光子さんのようなピアニストに成長するかもしれないな、と思いました。

 フー・ツォンがアジア人として初めてショパンコンクールで第3位(同時にマズルカ賞を受賞)になったのは、1955年。私も生まれていなかったわけですが・・・。

Tsong1_2.jpg

 当時の彼の写真。凛々しいですね。

images.jpeg

 そして、別府で開催されているアルゲリッチ音楽祭のときの近影。かつての恋人、マルタ・アルゲリッチとは今でも大親友です。

 はてさて、月末はパニックになる私ですが、月の初めは少し余裕。

 月曜日は、Misakoさんとランチ。前から気になっていた大磯漁港の「めしや」へ!!!

http://www.oisokou.com/

 この春の開店以来、大変な人気でなかなか入れないとのこと。月曜日で、朝は大雨が降っていたおかげか、人気の定食にありつけました

 と言っても、12時過ぎに到着したときは、すでに満席。駐車場には、ベンツ、アウディ、BMW、プジョーが並んでいてビビリました (東京から噂を聞きつけて、わざわざいらっしゃる方も多いみたいです)

CIMG5545_convert_20101005232017.jpg

 外のベンチに腰掛けて、少し待つとすぐに中に入ることができました。

CIMG5543_convert_20101005231755.jpg

CIMG5548_convert_20101005232201.jpg

 私たちが食べたのは、1200円の港御前。イサキのお刺身と生シラス(たっぷり!! )、カマスのフライ、地魚の立田揚げ・キノコのあんかけ、冷や奴、みそ汁、丼ごはんも完食!! 満腹して、ショッピング、お茶~&おしゃべり。楽しかった~

 ショパンコンクール第一次予選4日目も、リアルタイムで聴きたいけれど、ジャズオルガニストの佐々木昭雄先生のお宅にお呼ばれ~ お土産にしようと、お菓子など焼きました。

CIMG5565_convert_20101005232713.jpg

 稲田多佳子さんのレシピの「くるみのコロコロクッキー」。いっぱい出来たので、Jim's English にも持って行こう。

CIMG5569_convert_20101006004653.jpg

 小嶋ルミさんのレシピの「レギュームのケーク・サレ」。「サレ」って、イタリア語で「塩」という意味。塩っぱいケーキです。チーズと野菜がいっぱい入っていて、ワインに合うんですよね~ レシピ通りに作れば、失敗がないし、軽食にもなるので、気に入ってときどき作っています
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/289-49574c99
<< NEW | TOP | OLD>>