フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


行ってきま~す^^

   
 原稿も何とか片付き、明日から第5回中国国際ピアノコンクールの取材に出かけます。このコンクールは、ジュネーブの国際コンクール連盟に加盟している中国唯一の国際コンクール。日本の浜松国際コンクールのような位置づけのコンクールと言ったらいいのでしょうか。審査員も、浜コンでおなじみのファニー・ウォーターマン、セルゲイ・ドレンスキー、セルジオ・ペルティカローリ、キム・テジンほか、主要な国際コンクールの常連審査員。何と言ったらいいのかな……、まぁ、いわゆる、そういうコンクールです

 第3回までは、首都の北京で開催されていましたが、3年前の前回から福建省のアモイで開催されるようになりました。第1回ではサ・チェンが入賞、第2回ではユンディ・リ、オルガ・ケルン、オリバー・カーンなど錚々たる顔ぶれが入賞、第3回も、セルゲイ・クズネツォフ、ホワン・チューファンなど実力のあるコンテスタントが入賞しました。そして、前回の優勝者はヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで辻井伸行さんと優勝を分け合ったハオチェン・チャン。野木成さん、後藤正孝さんも入賞しました。

 というわけで、今回もおもしろいかも……、です。ストリーミング配信されるので、ご興味のある方は是非どうぞ。http://www.cipc.fj.cn/cipc/index_en.html

 日程は、28日~31日までが第1次予選で、午後14時~18時、19時~22時30分(日本時間の13時~17時、18時~21時30分)。11月1日~2日が第2次予選。午後14時30分~17時40分、19時~22時10分(日本時間の13時30分~16時40分、18時~21時10分)。ファイナルは、11月5日の午後19時30分~(日本時間の18時30分~)、6日の午後14時30分~17時(日本時間の13時30分~16時)、19時~21時30分(日本時間の18時~20時30分)。ワルシャワと違って、聴きやすい時間帯

 コンテスタントには、中国の精鋭はもちろんのこと、チャイコフスキー・コンクール第3位のアレキサンダー・ルビャンツェフをはじめ、サーシャ・グリュニク、スタニスラフ・クリステンコ、マキュー・クラブコフ、アンナ・ブルキナなど日本でもよく知られているロシア勢、韓国勢の名前が並び、日本からも加藤大樹さんが参加します。

 アモイからのブログの更新はこちらで。http://blogs.yahoo.co.jp/chopin14jp

 FC2ブログは、中国ではアクセスできなくて、更新できないんです

 ではでは、行ってきま~す
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/313-685abe76
<< NEW | TOP | OLD>>