フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


平部やよいさんインタビュー&『ショパン』Aさん送別会

   
 師走に入って早々に北京に出かけ、戻った後も何だか慌ただしく過ごしています。あと2週間で今年も終わってしまうなんて、ウソみたい

 さて、先週の土曜日は、エレクトーンプレイヤー&作曲家の平部やよいさんのインタビュー。1989年以来、ほぼ隔年で開催してきたリサイタル「Chamber Tone」の第11回目が、来年3月18日にヤマハホールで開催されます。

hirabe11recital.jpg

 毎回書き下ろしの自作曲、自編曲のソロ演奏に加えて、他楽器の奏者とのコラボレーションで独自の音楽世界を切り拓いている平部さん。今回のゲストは、世界的なヴァイオリン奏者、堀米ゆず子さん。『玻璃の弓張り月-ヴァイオリンと電子オルガンのための-』という新作が今回のプログラムの中心に据えられています。このチラシも、そんなイメージで作られたようです。弓張り月、弦月って、ちょうど弓を張ったような半月のことなのだそうです。ガラスの弓張り月・・・、半円を描くような音程のモティーフが散りばめられた、緊張感みなぎる繊細な作品のようです。堀米さんのグァルネリ・デル・ジェスの音色で平部さんの世界がどのように奏でられるのか、とっても楽しみ

 このリサイタルシリーズのもうひとつの楽しみは、平部さんが毎回取り上げる超絶技巧の現代作曲家&ピアニストの作品。カプースチンのソナタも、まだそれほど知られていない頃にいち早く取り上げて(まだ楽譜も出ていない頃で、全部耳コピーをしてエレクトーンで再現したんですよ)、その次はローゼンブラット、そして前回はバーバーのソナタ。終楽章の4声のフーガを電子音で立体的に構築した鮮烈な演奏は、今でも忘れられません。さて、今回は何を取り上げるのかな~と思っていたら、何とアレクシス・ワイセンベルクの『ジャズ・ソナタ』 あのピアニスティックでエキサイティングでお洒落な作品をエレクトーンでどのように聴かせてくれるのでしょう、ワクワクしてしまいます

CIMG1768_convert_20101215032817.jpg

 いつも爽やかにしっかりとインタビューに答えてくださる平部さん。10代の頃から全然変わらない艶やかなお肌と笑顔の秘密は、いつも感性を磨いてクリエイティブな活動を続けているからかな

 今週の月曜日は、月刊『ショパン』の編集者Aさんが、ご主人の転勤に伴いロンドンにいらっしゃるということで、送別会に参加させていただきました。ツンデレ・キャラのAさんは、最初はちょっとコワい編集者でしたが、一緒にお仕事をさせていただくにつれて、温かく優しい人柄、音楽への真面目な考え方などがわかり、楽しくお付き合いさせていただいています。ロンドンでも編集の仕事は続けるとのことですが、遠くへ行ってしまうなんて寂しいです

 送別会の会場は、ショパン社から歩いて1分のお洒落なカフェ・バー。メキシカンっぽいお料理とカクテルやワイン、ビールで盛り上がりました。年末進行のまっただ中、増刊号の校了を控えて、8時過ぎにやっとメンバーが揃ってのスタートでしたが、仕事のときには話せないことなどを皆さんとおしゃべりして、楽しかったです。
CIMG7360_convert_20101215030147.jpg
 Aさん、お世話になりました~ これからもよろしく! ロンドンに遊びに行きますからね

CIMG7352_convert_20101215030253.jpg

 お料理はこんな感じ。
CIMG7304_convert_20101215030702.jpgCIMG7316_convert_20101215030036.jpg
 アボガドや生野菜がいっぱいのったサラダ・ピザ、チキン・ソテー&マッシュ・ポテトwithアボガドソース&チリソース
CIMG7300_convert_20101215030410.jpgCIMG7324_convert_20101215030521.jpg
 タコスのアボガド・ディップ添え ガーリック・ライスとビーフ・ソテーなどなど・・・
CIMG7325_convert_20101215031220.jpgCIMG7326_convert_20101215031454.jpg
 〆は、甘~いハニー・トースト2種。
 
 とりあえず、近況報告でした 『ショパン』編集部の皆さん、引き続き増刊号の校了頑張ってくださ~い!! 私もそろそろ2月号の〆切があるけど 16日出発のAさん、15日まで出社し、私たちライターに2月号の〆切プレッシャーをしっかりかけて旅立ちます。お元気で 私も頑張ります!!
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/343-ee211415
<< NEW | TOP | OLD>>