フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


帰って来ました~万事如意・兎年大吉~

   
 1月27日~30日、北京で遊んで来ました 羽田から午前便で出発すると、北京には午後1時頃着きます(日本との時差は1時間)。寒いだろうなと思っていたけれど、着いた日は風もなく、この日の日中の気温は摂氏2~3度で、思っていたほどではありませんでした(後で酷い目に遭うのですけれど)。

CIMG7605_convert_20110201200733.jpg

 飛行機の窓から富士山がよく見えました。

CIMG7654_convert_20110131213631.jpg

 空港からタクシーでホテルに向かう途中、氷の張った川でスケートをしている子どもたちを見かけました。学校は、春節(旧正月)の冬休みに入っているんですね ホテルにチェック・インして、ハノーファーから天津に帰省しているミミが訪ねて来ました。しばらく、あれこれおしゃべりしてから、チョウ・グォアンレン(周広仁)先生のお宅に伺いました。

CIMG7648_convert_20110131214057.jpg

 チュウ・ヤーフェン(朱雅芬)先生(ラン・ランが小さい頃師事した先生)も、いらしていて、いろいろお話することができました。

CIMG7649_convert_20110131213821.jpg

 チョウ・グォアンレン先生も、チュウ・ヤーフェン先生も、80歳を過ぎていますが、頭脳明晰、現役バリバリ。戦前の上海の租界で教育を受け、建国以来さまざまな政治闘争の波に揺られ、苦難を乗り越えてラン・ランたちの世代のピアニストを育てました。本当に素敵な方たちです。

CIMG7650_convert_20110131214336.jpg

CIMG7653_convert_20110131214530.jpg

 チョウ先生が、ミミに「久しぶりにピアノを聴かせてちょうだい」とおっしゃって、ミミは、中国に帰省する直前のスイスでのリサイタルで弾いたモーツァルトのソナタやショパンのノクターンを聴かせてくれました。ミミの演奏は、音がきれいで、センスがいいと言うか、独特の優雅で美しい雰囲気を持っていて、私は好きです。

 そして、チョウ先生のお宅の家事を手伝っているリュウ・シャオユー(劉宵玉)さん(チョウ先生の生徒のお母さん)が作ったご馳走を皆で食べました。最後に、近くのレストランから届けられた北京ダックも

 葱、黄瓜の千切りと味噌をつけて、クレープのようなビン(餅)に包んで食べたんですが、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました 「北京ダックだったら、いくらでも食べられるわ!」「今日は私たちの一足早い大晦日のご馳走ね!」なんて言い合ってパクパク食べて、楽しいひとときを過ごしました

 この数年、毎年、旧正月の前に中国に行っている私。一昨年、昨年は上海でしたが、今年は北京。一年中で一番寒い時期、お正月を控えていつにも増して賑やかで、道路も渋滞、地下鉄も混んでいて大変でしたが、目的だった書籍・資料集めもできて、収穫の多い3泊4日でした。でも、寒かった! 着いた翌日から翌々日にかけて一段と寒くなり、風も強くて、少し外を歩くだけで身体が凍るかと思いました この2日間は、日中の気温も零下だったようです。帰国する30日は、風もおさまり、日中は摂氏3度くらいで、外にでたときに「あったか~い」と感じました。人間の感覚とは、おもしろいものです。東京だったら、日中の気温が3度というのは、けっこう寒~い日ですよね。で、30日の夜、羽田に着いたら、「わぁ、あったかいな~」と思いました。この日の東京は、けっこう冷え込んでいたにもかかわらず・・・。

 さて、中国では明日が大晦日。明後日(2月3日)が元旦です。今年は、ちょうど立春の前日になりました。
 
 新しい年は卯年。街中、兎がいっぱいです。

CIMG7703_convert_20110201201713.jpg

CIMG7702_convert_20110201201854.jpg

CIMG7680_convert_20110201200924.jpg
 爆竹を売っているお店。毎晩、あちこちから賑やかな音が聴こえてきました。

CIMG7693_convert_20110201201400.jpg

CIMG7692_convert_20110201201558.jpg

CIMG7663_convert_20110201202448.jpg

CIMG7705_convert_20110201202852.jpg

CIMG7701_convert_20110201203202.jpg

 飴細工で、干支や縁起物を作っているおじさん。

CIMG7715_convert_20110201203615.jpg

 干支の兎のぬいぐるみも、いっぱい売っていて・・・

 今年も、いろんな兎を買いました

CIMG7719_convert_20110201203758.jpg

CIMG7717_convert_20110201204112.jpg

CIMG7722_convert_20110201204348.jpg

CIMG7726_convert_20110201204521.jpg

 新年快楽(よいお年を)! 万事如意、兎年大吉! です。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/368-f2da237b
<< NEW | TOP | OLD>>