フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


帰って来ました~上海浦東傅雷文化研究センター設立シンポジウム~

   
 5月6日に日本を発ち、10日に帰って来ました。今年2回目の上海滞在です

 今回は、私が評伝を書いた中国人ピアニスト傅聡(フー・ツォン Fou Ts'ong)氏の父フー・レイ(傅雷)氏の没後45年を記念して設立された「上海浦東傅雷文化研究中心」のシンポジウムに招かれて出かけました。

 フー・ツォン氏の父フー・レイ氏は、ロマン・ロランやバルザックの名訳で知られる著名なフランス文学者・翻訳家で、西洋美術や音楽にも深い造詣を誇り、多くの評論や著作を残しました。1930年代から50年代の中国の文芸界で一定の地位を占め、大きな影響力を持っていましたが、中華人民共和国の建国後の度重なる政治運動の中で迫害を受け、1966年、文化大革命の開始から間もなく夫人とともに自ら命を絶ちました。1954年からポーランドに留学し、アジア人として初めてショパンコンクールに入賞して世界中の注目を集めたフー・ツォン氏は、その後イギリスに渡り、ヴァイオリニストのメニューインの娘ザミラと結婚。事実上亡命した形になったまま、両親とは一度も会えずに、彼らの非業の死を知ることになります。異国にいる息子に宛てて死の直前までフー・レイ氏が書いた膨大な手紙は、『傅雷家書』として改革・開放後の1981年に出版され、以来今日まで青少年の愛読書になっています。詳しくは、拙著『望郷のマズルカ~激動する現代史を生きたピアニスト、フー・ツォン~』を読んでいただければと思います。

 フー・レイ氏が、58年の生涯で残した翻訳、評論、著作は、彼のヨーロッパ文化に対する深い洞察に貫かれ、まったく異質の中国文明との比較や融合について興味深い考察を展開しています。フー・レイ氏の芸術に対する崇高な精神や考え方は、今でも新鮮な魅力と輝きを放っていて、多くの人々が研究しています。それらの人々が集まって設立されたのが、今回の「上海浦東傅雷文化研究中心(センター)」です。上海浦東というのは、フー・レイ氏の生まれ故郷のある地域で、上海市の中心部から少し離れた郊外です。

 6日の朝、羽田を発って昼過ぎに上海に着いた私は、そのまま今回のシンポジウムの会場の上海浦東図書館にタクシーで向かいました。受付を済ませて、道路を隔てた向い側にある「幹部学院」の宿舎(今回の宿泊先)にチェック・イン。幹部学院というのは、政府機関などの局長クラス以上の人たちが年に数回、政治教育や思想教育を受けるところのようです。広大な敷地に8つのホテルのような宿舎があり、私たちが泊まった8号楼は、一番はずれに位置し、毎日食事や会議に徒歩で出かけるには20分以上かかり、真夏のような暑さの炎天下(上海は急に暑くなったようで…)を歩くのは、ちょっと大変でした。

 CIMG8610_convert_20110511014757.jpg
 幹部学院のメインビルディング。
CIMG8511_convert_20110511014042.jpg
 敷地内は公園のようになっていて、大きな湖もあります。
CIMG8510_convert_20110511013217.jpg
 茶色い建物が宿泊施設です。各部屋のデスクにはコンピューターもあり、浴室も広くて快適でした。
CIMG8516_convert_20110511013718.jpg
 湖には、鴨や黒鳥がいっぱいいました(何故か白鳥はいませんでした)。
CIMG8515_convert_20110511013935.jpg

 部屋に荷物を運び、主催者の方たちに挨拶をした後、この日の夜は上海市内でどうしても聴きたいコンサートがあったので外出しました(夜のレセプションは失礼してしまいました)。

 地下鉄7号線と2号線を乗り継いで、まず連れ合いのアパートへ頼まれていたものを届け、コンサートの前に腹ごしらえ
CIMG8521_convert_20110511014913.jpg
 台湾風の牛肉麺のお店で、まずはビール。急に30度以上に気温が上がった暑い日で、冷たいビールが美味しかったです
CIMG8524_convert_20110511015429.jpg
 皮蛋豆腐
CIMG8523_convert_20110511015138.jpg
 海藻サラダ
CIMG8528_convert_20110511020011.jpg
 牛肉・牛筋麺
CIMG8531_convert_20110511015841.jpg
 ワンタン( 皮がモチモチしていて美味しかった)
CIMG8530_convert_20110511020224.jpg
 冷やし辛味噌麺
CIMG8520_convert_20110511020114.jpg
 辛さの調節はテーブルの調味料で。

 お腹がいっぱいになったところで、また地下鉄に乗って人民広場の上海グランドシアター(上海大劇院)へ。

CIMG8533_convert_20110511192842.jpg
 この日のコンサートは、2007年にBBCカーディフ国際声楽コンクールで最年少優勝を果たした、沈洋(シェン・ヤン SHEN Yang)というバリトン歌手(現在はメトロポリタン歌劇場で活躍しています)が、辛亥革命100周年を記念して、1919年~1945年までに作曲された中国の歌曲を歌うというもの。
 辛亥革命で清朝が倒れ、中国が近代化への苦難の道のりを歩み始めた頃から日中戦争終結までの間に、西洋音楽を学んだ作曲家たちが作った名曲の数々をまとめて聴くことのできる珍しいコンサート。ちょうど上海に来ているんだったら、絶対聴かなくちゃいけないよと、友人の音楽評論家、李厳歓(リ・イエンフアン)に誘われて聴くことにしたのですが、本当にすばらしいコンサートでした。
 日本にも、西洋音楽黎明期の滝廉太郎をはじめとする作曲家たちの美しい日本歌曲の世界がありますが、中国でこの時期に作られた歌曲は、歌詞(唐詩など古代の詩を使った作品も多いのですが)もメロディも美しく、今聴いても新鮮です。中華人民共和国建国後も、西洋音楽と中国の伝統を融合させたすばらしい歌曲がたくさん生まれましたが、イデオロギー色がやや強く、この時期の歌曲ほど純粋な美しさはないような気がします。
 中国における西洋音楽の歴史をテーマにしている私にとって、このコンサートを聴くことができたのはラッキーでした。
CIMG8535_convert_20110511193029.jpg
 会場で、日本でもおなじみのピアニストのソン・スーハン(宋思衡)、ヴァイオリニストのホワン・モンラ(黄蒙拉)に会いました。右がソン・スーハン(ちょっと太ったみたい)、左がホワン・モンラ。真ん中にいるのは、彼らの母校、上海音楽学院の作曲科の先生です。
CIMG8539_convert_20110511193155.jpg
 私の席の後ろには、中国を代表する現代作曲家の譚盾(タン・ドゥン)氏夫妻(左側のおふたり)、中国の声楽界の重鎮、95歳のソプラノ歌手、周小燕(ZHOU Xiaoyan)女史(右端)が座っていらっしゃいました。
CIMG8543_convert_20110511193318.jpg
 アンコールで拍手に応えるシェン・ヤン(沈洋)と伴奏のヤン・リーチン(楊立青)氏。ヤン・リーチン氏は、このあいだまで上海音楽学院の学院長を務めていた作曲家・ピアニスト。伴奏も、とっても素敵でした。

 さて、大満足でコンサート会場を出て、再び浦東の幹部学院へ。遠いので、地下鉄とタクシーを乗り継ぎ、広大な敷地を歩いてやっと宿舎にたどりついたら、わっ、ちょっとびっくりすることがありました。

 今日は、これから銀座に取材に行かなければならないので、続きは帰って来てから書きま~す
| comments(1) | trackbacks(0) | page top |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/410-9d7e4d51
<< NEW | TOP | OLD>>