フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


フー・ツォンのハイドン・ソナタ&最近の取材

   
 今日は、YEC(ヤマハエレクトーンコンクール)の2009年度(A部門)のウィナー市川侑乃さん、2010年度(B部門)のウィナー井上薫さんの対談のインタビュー。エレクトーン界の未来を担う才能豊かな若いおふたりのお話を聴いて、いろいろ感慨深かったです。私がライターとして初めて文章を書かせていただいたのは、『月刊エレクトーン』。24年前のことです。あの頃まだ生まれていなかったおふたりの取材をすることになるなんて、思ってもいませんでした。今では、クラシックのピアノ関係の仕事が多い私ですが、自分でも演奏してきたエレクトーンも大好き。電子楽器の魅力、もっともっと多くの人に知ってほしいです。

 先週も、某電子楽器メーカーの指導者セミナーを取材し、電子楽器のおもしろさ、音楽教育に於ける活用などを考えさせられ、アコースティック楽器のすばらしさ、電子楽器のすばらしさ、両方を知ってレッスンに活用していくことが、これからの指導者に求められるのかなぁ、と思ったり…。しかし、私がエレクトーンを弾き始めた35年前に、電子楽器、デジタル技術がここまで進化するとは想像できませんでした。

IMG_0456.jpg

IMG_0457.jpg

 70年代初めの頃のシンセサイザーって、こんな感じだったのですよね。懐かしい~

 2日間のセミナーの取材、食事休憩以外ほとんど休みなく一日中様々な講座を聴くのはなかなかハードでしたが、現代の音楽界で活躍する多彩な講師陣の講座、とっても勉強になりました。

 本当にハードなスケジュールで、食事も30分でお弁当を食べてすぐに次の講座!

IMG_0449.jpg

IMG_0468.jpg

 こういうお弁当を何回か食べ(写真を撮り忘れたお弁当は、ちらし寿司&桜海老のかき揚げ、煮物、卵焼き、焼き鶏、焼き魚etcが入っていました)…、あとは勉強、勉強!! 知的な刺激を受けて、錆ついた頭が活性化したみたい でも、高カロリーのお弁当を食べて座りっ放し、ちょっと太ったかな

DSCN0016.jpg

IMG_0467.jpg

 休憩時間に眺める湖の風景に心癒されました。素敵なロケーションの施設でのセミナー。旅行気分も少し味わったり、新しい知識もたくさん仕入れ、収穫の多い取材でした。

 さて、タイトルのフー・ツォンのハイドン・ソナタ 再び!! です。

 PTNAのサイトに最新CDの録音が紹介されています。

[広告] VPS


 是非多くの方に聴いていただきたいです。

 You Tube に、こんな映像もアップされていました。

[広告] VPS


 フー・ツォンのハイドン、本当にいいなぁと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/434-e517093f
<< NEW | TOP | OLD>>