フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


大阪国際音楽コンクール

   
 この連休は、上原ひろみさんの新しいアルバム『PLACE TO BE』のマッチング曲集(この楽譜すごいですよ! あの上原さんの超絶プレイの完全採譜。天才コピースト・作曲家の星出尚志さんなくしてはありない美しい譜面です)の演奏上のポイントなるものを、聞き書きで書くという仕事をやっておりました。上原さんのキラキラ輝くような魅力的な言葉を散りばめながら、簡潔に楽曲のイメージや技術的な注意点、練習方法をまとめるという仕事。ツアー中のご本人の確認を取りながら、11月の日本ツアーに間に合わせなければならないというタイトなスケジュールでしたが、いろいろ勉強になる仕事でした。この楽譜、本当にすごいので、ご興味のある方は是非手に取ってみてください。

 さて、連休の最終日は大阪へ。ついこのあいだ京都に行ったばかりだったなぁと思いながら朝一番の新幹線に乗りました(眠い)
 さすがに体育の日ですね。秋のさわやかな気候、快晴です 爆睡していましたが、「日本一の山、富士山が見えます」という車内アナウンスで新富士の駅あたりで起こされました
CIMG1227_convert_20091013012901.jpg
 車窓から見た富士山です。我が家の近くからも、晴れた日にはくっきり見えますが、こうして裾野まで見えると、また違いますね。日本人って、富士山から何か不思議なパワーをもらえるような気がします。しかし、眠い。。。

 大阪国際音楽コンクールは、今年で10回目。アマチュアからプロまで、年齢層もむ幅広く、ピアノ、弦楽器、管楽器、アンサンブル、民族楽器、古楽器まで楽器のジャンルも様々、きわめてユニークなコンクールです。ファイナルの最終日を聴かせていただきましたが、素敵な演奏にいっぱい出会いました。
CIMG1228_convert_20091013014124.jpgIMG_0245_convert_20091013014221.jpgIMG_0251_convert_20091013014256.jpgIMG_0243_convert_20091013014429.jpg
 タイの民族楽器奏者の若者たち、日本の尺八奏者(私はこの人の音楽に最も感銘を受けました)、ピアソラの『ブエノスアイレスの夏』(大好き)を聴かせてくれたロシアのグループ、ウィーンで学んでいるコロンビア出身の声楽家、皆素敵でした。韓国のヴァイオリン、ピアノのコンテスタントたちも、すばらしいテクニックとテンペラメントを感じさせる演奏を聴かせてくれました。
 いつも思うのですが、同じアジアでも、中国、韓国、日本のコンテスタントは、それぞれ持ち味が違いますね。日本人は、少し控えめすぎるかな。もう少し自己主張してもいいかも。それが日本人の美質なのかもしれないのだけれど。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/50-64f38269
<< NEW | TOP | OLD>>