フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


お久しぶりです~ベトナム紀行・YEC・浜松国際ピアノアカデミー~

   
 とにかく忙しくて、すっかりご無沙汰してしまいました。ベトナム紀行は、一度書いたのに、何故かデータがすべて消えて・・・orz、落ち込んで、再び書く元気も失せてしまい・・・、というか、そんなもの書いている場合ではないほど、仕事に追われておりました。

 とりあえず、近況報告です。

 第16回浜松国際ピアノアカデミーに、長年親しくさせていただいている中国のバオ・ホェイチャオ(鮑恵蕎)先生が講師として招かれていたので、2回ほど足を運びました。

zadankai1_convert_20120218201723.jpg

 8日の特別座談会では、バオ先生の通訳を務めさせていただき、中国のピアニズムの歴史、文革中の苦難などを日本の若い人たちにご紹介できて、よかったなと思います。本当に感動的なお話でした。

 
IMG_0641_convert_20120218201839.jpg

 このアカデミーは、もう10年以上取材させていただいていますが、今回参加した日本や中国、韓国、ロシア、イタリア、ニュージーランドの若者たち、ほとんどが90年代生まれ! 私が初めて取材したときには、赤ちゃんだった子たちなんだなぁと、感慨深かったです。

ranasan.jpg

 そして、最終日のコンクールで第1位になったのは、19歳のラナ・ベアトリスさん(イタリア)と小学6年生の牛田智大さん。写真は、ベアトリスさんにインタビューしているC誌のLちゃんと私の後ろ姿

IMG_0642_convert_20120218202043.jpg

 バオ先生、70歳を過ぎても若々しく、若いピアニストたちを励ます素敵なレッスンを展開していました。

IMG_0651_convert_20120218202246.jpg

 小学6年生の牛田智大くん、ユニバーサルからCDがリリースされるようですが、中村紘子先生が「100年に1度の才能」、アリエ・ヴァルディ先生が「ピアニストの資質とは何か、とてもシンプルな一言で表現できます。演奏で、私たちを笑わせたり、泣かせたりしてくれるかどうかということに尽きます。彼のショパンのコンチェルトは、第2楽章で私を泣かせ、第3楽章では、思わず笑わせてくれました。まさしく大器です」と絶賛した恐るべき神童。彼が幼い頃、上海の名教授、鄭曙星先生に、ピアノの手ほどきを受けたことも興味深いです。ラン・ランを育てた中国ピアニズムの系譜が、牛田くんの中にも息づいているように思いました。

 それにしても、可愛い~ ラン・ランやユンディ・リもそうでしたが、とにかくみずみずしくてチャーミング。それも、ピアニストの大きな資質なのかもしれません。

 今年に入ってから、とにかく取材して書き続け、旅行中も書き・・・、まったく余裕がない状態で、パニック気味。まぁ、能力不足というか、許容範囲を超えた仕事を引き受けたのがいけないのですけれど、1月30日から2月3日まで出かけたベトナムも面白い経験をいっぱいして、いろいろ考えさせられたし、帰国翌日のエレクトーンのコンクール(YEC)も、若い人たちの音楽に賭ける情熱に圧倒され、勉強させてもらいました

 10代の若者たちに刺激を受け、60代、70代で活躍している先生方に憧れ、50代後半にさしかかる私は、残された人生の時間で何をすべきか、どう頑張るべきか、ちょっと考えています

 それはともかく、明日から盛岡~釜石~仙台に2泊3日で取材に行きます。寒そう~ 被災地の音楽教室、しっかり見て来なければと思います。

 ベトナム紀行、写真でご紹介しておきます(グルメ編は、後日!)。

IMG_0485_convert_20120204004521.jpg

IMG_0367_convert_20120204000306.jpg

CIMG0047_convert_20120204000759.jpg

2人に1人がバイクを持っているという国。旧正月明けのホーチミンの街は、活気にあふれていました。

IMG_0319_convert_20120203234008.jpg

CIMG0034_convert_20120203234133.jpg

 「東洋のパリ」と称された街並も美しく、食べ物もすごく美味しくて・・・。聖マリア教会、ホーチミン像の前で。

CIMG0016_convert_20120204000054.jpg

IMG_0474_convert_20120204003212.jpg

CIMG0017_convert_20120203235726.jpg

CIMG0014_convert_20120203235545.jpg

CIMG0011_convert_20120203235405.jpg

 手刺繍の雑貨なども素敵で、ショッピングも楽しみ、南国のフルーツも、いっぱい食べました

DSCN6359_convert_20120204001000.jpg

DSCN6316_convert_20120204001120.jpg

DSCN6312_convert_20120204001344.jpg

DSCN6338_convert_20120204001654.jpg

DSCN6350_convert_20120204001938.jpg


 メコン・デルタの街ミトーでは、メコン河クルーズ、中洲の島の人たちの音楽を楽しみ・・・

CIMG0117_convert_20120203235906.jpg

CIMG0101_convert_20120203235053.jpg

CIMG0098_convert_20120203234905.jpg

CIMG0093_convert_20120203234350.jpg

CIMG0036_convert_20120203234701.jpg

CIMG0027_convert_20120204002633.jpg

 戦争証跡博物館、統一会堂(旧大統領官邸)では、30数年前、私の青春時代に世界で起きていたこと、悲惨なベトナム戦争について、あらためて考えさせられ・・・

IMG_0448_convert_20120204004700.jpg

IMG_0455_convert_20120204004829.jpg

DSCN6433_convert_20120204003547.jpg

 チャイナタウンのチョロン地区の寺院。中国とベトナムの関係についても、いろいろ考えさせられ・・・

 ベトナム紀行は、グルメ編も含めて、いずれしっかり書きたいと思います

 明日からは寒~い東北取材、被災地の方たち、本当に大変な日々を送っているのだと思います。絶対に忘れてはいけない。そのためにも、しっかり取材して、書かなくては。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/526-12157471
<< NEW | TOP | OLD>>