フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


やっと本が出ます!

   
 台湾の音楽ジャーナリストの焦元溥さんの『遊藝黑白』の抄訳を、このブログで初めてご紹介してから2年の歳月が流れました。

 思いがけず大きな反響をいただき、全訳の出版をという声に応えて電子書籍での出版を試みましたが失敗! どうしたらよいものかと途方にくれましたが、理解ある出版社のおかげで何とか14名分のインタビューを書籍として刊行することになりました。発売は6月10日頃になりそうです。

 今回の本の目玉は、このブログで最も大きな反響を呼んだポゴレリチのインタビューです。彼のインタビューに、第1回ポゴレリチ国際ピアノ・ソロ・コンクールの優勝者で、その後彼と彼の妻のアリス・ケゼラーゼの愛弟子となった台湾出身のピアニスト、グウィニス・チェンのインタビューを組み合わせ、ポゴレリチの芸術を解明する貴重な資料にしたいと考えました。

 そして、アリス・ケゼラーゼと同様、グルジア出身のピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼ。彼女の祖母のアナスタシア・ヴィルサラーゼの薫陶を受けたドミトリー・バシキーロフほか偉大なロシア・ピアニズムの伝統を受け継ぐロシアのピアニストたち、ゲルハルト・オピッツ、レイフ・オヴェ・アンスネスほかヨーロッパのピアニストたち。彼らがいかにピアノを学び、ピアニストとしての人生を送ってきたのかが生き生きとした言葉で語られています。

ピアニストが語る帯なし最終

 出版にあたって、何度も読み直し、つくづくこれらのインタビューはおもしろいと感じました。著者が新たに加筆した部分もあり、このブログですでに読んでくださった方たちもにもお楽しみいただけると思います。

 というわけで、やっとお約束が果たせそうなのでブログを再開します。音楽ジャーナリストとして日々思うこと、今回の訳書にまつわる著者(焦元溥さん)の取材秘話などをご紹介していきたいです。

 このブログで、やはり大きな反響を呼んだツィメルマン、キーシン、アシュケナージなどのインタビューは2冊目に収録したいと考えています。1冊目の販売が順調でないと刊行が厳しいかもしれないので、応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

1534282_658224010920214_8487737059198045030_n.jpg
(帯付きの表紙です)


| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
出版おめでとうございます!
森岡様
出版おめでとうございます!
電子版ではなくきちんとした書籍での出版なのですね!
実は…
電子版ではなく本としての出版だったら良いな…と密かに思っていたので今回の運びは大変嬉しいです!
早速購入させて頂きます!
あのすばらしいねインタビュー記事を改めてじっくり読むことができるのですね…
やはり良いものはきちんと世にでるようになっているのですね…
森岡様の熱意に感謝です。
Re: 出版おめでとうございます!
マーニャさま
ありがとうございます!
何とか本にすることができました。
まだ原書の4分の1ですが、430ページ、500グラム、ずっしり重いです。
幸いなかなか好評で、続刊が早く読みたいという声をいただいております。
引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします!


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/586-ce430458
<< NEW | TOP | OLD>>