フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


ゲルハルト・オピッツ

   
 上海の友人、李厳歓(Li Yanhuan)から興味深いメールが来ました。李厳歓はレコード会社に勤務しながら音楽評論家として活躍している俊才。初めて会ったのはちょうど10年前。上海のCDショップで私がCDやDVDを物色していると、「この演奏、いいんだよね」と声をかけてきて、演奏家についていろいろおしゃべりしてすっかり仲良くなりました。拙訳本『ピアニストが語る!』『音符ではなく、音楽を!』(アルファベータブックス) の原著『遊藝黒白』(焦元溥 Chiao Yuan-Pu 著)の存在を私に教えてくれたのも彼です。というか、彼が私に「この本、すごくおもしろいから読んでみて」とプレゼントしてくれたのに、私はそれを本棚に2年ほど放置していたというわけで……

DSCN0252_convert_20150615020102.jpg
5年くらい前に彼と上海でご飯を食べたときの写真。彼が息子と同い年だと、ずいぶん後になってから知りました(汗)。知り合った頃、彼はまだ学生だったのです。

さて、彼からのメールです。




 最近の上海はコンサートが多く、5月末から6月初めにかけてほとんど毎晩コンサートに出かけていました。どのコンサートもきわめてレベルが高く、楽しみました。ユジャ・ワン(Yujia Wang 王羽佳)のリサイタルのプログラムは、ショパンとスクリャービン。彼女の前回のリサイタルは5年前だったので、今回久しぶりに聴いて大きな成長を感じました。とくに彼女の音楽に内在する「無限の広がり」のようなものを強く感じ、彼女の視野が豊かに広がっているのだなと思いました。このまま彼女が前に向かって進んでいけば、さらに大きな成功を遂げることでしょう。すでに多くの中国系ピアニストが活躍していますが、彼女にとってそれは難しいことではないと思います。
 それらのコンサートの中で、ドイツのピアニスト、ゲルハルト・オピッツの正統派のベートーヴェン《ピアノ・ソナタ》全曲演奏会を聴いたことは、私にとって大きな収穫でした。今回彼は上海で32曲のソナタを7回にわたって演奏しましたが、これは中国の聴衆にとって得難いチャンスだったと思います。私は7回のうちの何回かを聴こうと思っていたのですが、1回聴いて彼の誠実な演奏に惹かれ、なんとかスケジュールの都合をつけて5回、23曲を聴くことができました。彼の演奏は飾り気がなくシンプルですが、私たちはその中からベートーヴェンの本質を聴き取ることができます。今回の演奏会を聴くことができて本当に幸運でした。今、聴き取ったものを少しずつ消化しているところです。オピッツの演奏会についてちょっとした文章を書いたので、添付します。この文章は、素晴らしい演奏の感動に浸りながら自分でも思いがけずあっという間に書き上げました。読んでいただければ幸いです。ご意見を聞かせてください。




 ゲルハルト・オピッツについては、『ピアニストが語る!』で焦元溥さんのインタビューを翻訳して、あらためて興味を持っています。日本では、ベートーヴェンのソナタ全曲演奏会は何回か開催されたと記憶しています。



 『ピアニストが語る!』(アルファベータブックス)から、オピッツの発言を少しご紹介します。

Q: ベートーヴェンの実験精神が表れた最後の五つのソナタは、彼の時代を遥かに超え新たな方向を指し示しています。

A: もしも当時のベートーヴェンがある程度の社交生活を維持していたら、絶対にあの五つの作品は書けなかったでしょう。あれは、ベートーヴェンが二十数年世間から自身を隔離して暮らした成果、孤独で寂漠とした心象風景だったのでしょう。当時の彼は無一文で、世間から理解されようともせず、これらの作品が演奏される可能性すら考えていませんでした。 ・・・孤独の中で、ベートーヴェンは音楽の先行きを予感し、未来に向かって作品を大きく発展させました。彼はマーラーと同様、自身の作品に自信を持って、いつか世の中の人々が彼らの作品を理解する日が来るだろうと思っていました。・・・

Q: あなたにとってベートーヴェンのソナタ全曲を弾くことの意味とは何でしょう?

A: 聴衆とともにベートーヴェンの芸術的な発展を分かち合い、ベートーヴェンの人生の軌跡を歩むことです。私にとってベートーヴェンのソナタ全曲を弾くことは、毎回忘れ難い経験で、聴衆とともに彼の音楽の真髄を楽しんでいます。・・・

1534282_658224010920214_8487737059198045030_n.jpg

 オピッツはこの秋から日本で、シューマンとブラームスを組み合わせたチクルス(全4回)を開催するようです。楽しみですね。李厳歓が添付してくれた文章もいずれ翻訳してご紹介したいと思います。
| comments(3) | trackbacks(0) | page top |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし←コメントありがとうございました!
今井様

うれしいコメント、ありがとうございます!
何度かメールをお送りしたのですが、届いていないでしょうか。

ご連絡方法をお知らせいただけると幸いです。

森岡 葉
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/595-67500351
<< NEW | TOP | OLD>>