フリーライターの森岡葉のブログです。 大好きな音楽のこと、日々の出会い、楽しかったこと、美味しかったもののことなどを書いていきたいと思います。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

jasminium

Author:jasminium
1956年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1975年~76年北京語言学院・北京大学歴史系に留学。音楽ジャーナリスト。2009年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクールにプレス審査員として招かれたほか、ハエン国際ピアノコンクール、シドニー国際ピアノコンクール、中国国際ピアノコンクールなどにジャーナリストとして招かれている。著書:『望郷のマズルカ~激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン』(ショパン)、『知っているようで知らないエレクトーンおもしろ雑学事典』(共著)(ヤマハミュージックメディア)、訳書:『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(焦元溥著 アルファベータブックス)、『音符ではなく、音楽を! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 第2巻』(焦元溥著 アルファベータブックス)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


芥川也寸志 管弦楽作品連続演奏会

   
 今日は紀尾井ホールに、「芥川也寸志管弦楽作品連続演奏会・その2」を聴きに行きました。暖かな晴天に恵まれた秋の休日、先日の寒さで紅葉も見頃を迎え、東京に向かう東海道線の車窓から富士山やさまざまな風景を楽しみました。

 今日の演奏会では、芥川也寸志氏がエレクトーンの名器GX-1のために作曲した『GX-1とオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート』が1974年の初演以来の再演ということで、取材に行ったわけです。演奏者は、芥川也寸志氏の未亡人の江川真澄さんの愛弟子の平部やよいさん。初演は、東京文化会館で芥川氏自身の指揮、東京交響楽団、沖浩一氏による演奏で、沖氏のパーカッシブで自由奔放な名演がエレクトーン界の伝説となっていますが、今日の平部さんの演奏も、洗練されたセンス溢れる刺激的な演奏。聴いているうちに、ゾクゾクと静かな興奮を味わいました 平部さんの演奏って、やっぱり好きです。それから、芥川氏の作品の哀愁を感じさせる温かなメロディとか親しみやすく美しい和声とか、久しぶりに聴いていいなぁと思いました。
CIMG1755_convert_20091115213307.jpgCIMG1772_convert_20091115213537.jpg
 楽屋で平部さん、月刊エレクトーン編集部の方たちと。
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://jasminium.blog45.fc2.com/tb.php/65-c60121b8
<< NEW | TOP | OLD>>